フィンランド産「歌舞伎メタル」WHISPEREDの新作は5月リリース 新曲を公開中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
whispered metsutan songsofthevoid

タイトルは”Metsutan”(滅譚)

http://www.metalunderground.com/news/details.cfm?newsid=122663

「歌舞伎メタル」ことフィンランド出身のメロディック・デスメタルバンドWHISPEREDが3作目となる新作”Metsutan – Songs of the Void”を2016年5月20日にリリース予定。新曲”Strike!”を公開しています。

タイトル・トラックは以下の通り。
01. Chi no Odori (01:51 )
02. Strike!  (04:50)
03. Exile of the Floating World  (04:12)
04. Sakura Omen (07:31 )
05. Kensei (05:29)
06. Our Voice Shall Be Heard  (05:43)
07. Tsukiakari  (08:05)
08. Warriors of Yama(03:07)
09. Victory Grounds Nothing (03:20)
10. Bloodred Shores of Enoshima (11:23)

“Strike!”


こちらは去年公開されていた”Sakura Omen”

白塗り隈取の「歌舞伎メタル」 新作にも期待!

ウィスパードは北欧のバンドらしいメロディック・デスメタルに琴や三味線といった日本の楽器を取り入れたユニークなサウンドが特徴的なバンド。歌詞のテーマにも日本の神話などを取り入れ、白塗りに赤い隈取を施したルックスから「歌舞伎メタル」と称されています。
whispered

シンガー兼ギタリストのJouni Valjakkaのコメントによると、新作も前作”Shogunate Macabre”同様に日本をコンセプトにしたアルバムとのこと。「ネタ枠」としてはもちろん(笑)、音楽的にもクオリティの高いバンドなので楽しみですね。期待!

前作収録曲PV

前作”Shogunate Macabre”から”Jikininki”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓RSSフィードを登録してブログの更新情報をチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です